FC2ブログ

はじめまして

はじめまして、梅田エリアを拠点に営業しているタクシードライバー、サラリーマンからの転職で4月入社、5月から乗務を開始したばかりです。

他のタクシーブロガーさんのように詳細な情報を日々更新はできませんが、日々感じたことなどを書き綴っていこうと思います。

スポンサーサイト

学科試験

4月某日。

試験場での学科試験。

府県が違うこともあり教習所の練習問題とは微妙に感じが違いましたが、90点以上の手ごたえはあり、結果合格しました。

学科試験はそれほど心配してなかったのですが、適性検査での深視力の検査は採用面接や教習所の入校時の検査では3回連続で範囲内におさめるのに時間がかかったこともあり心配でした。

私の数人前に深視力の検査を受けていた人が何度してもダメのようで、担当者より「これが最後」と言われた機会も失敗となり先に進めなくなっていたこともより緊張することとなりました。

案の定1回目は失敗。検査担当者より少し目を休ませてから来たくださいと指示を受け再チャレンジ。

2回連続範囲内におさまり、「3回目は慎重に押してください」を言われより緊張しましたが何とか合格。

教習所の検査機械での練習しておいて良かったです。なければダメだったかもと思いました。

合格発表後に会社に連絡すると明日付けで入社、研修がスタートするので明朝に本社くるように指示を受けました。
これでようやく給料が貰えることになりホッとしました。

明日から研修です。

自動車学校

4月某日。

兵庫県のはりま教習所で8日間の合宿免許に参加。

教官曰く、2種免許の教習所では日本一の実績を誇るとのこと。

養成入社の新人をタクシー会社が送り込むのは大阪府内の教習所と比べて学費がかなり安いためだと思います。

難しく感じたのは路側に車をつけること。また普段の運転でおろそかにしていた安全確認の重要性を再認識できたのは良い経験でした。

30年前に普通免許を取得した時の教官と比べると教え方、教える態度も良かったです。

合宿の部屋は少し古いタイプのビジネスホテルの2人部屋といった感じ、ただ部屋は広くまた1人で利用だったのでストレスを感じることはありませんでした。

食事は食堂で3食8日分の食券を1万円ほどで購入しました、味はこういう場所なのでどうこう言うレベルではありませんが食べれないほど美味しくないということはありません。

近くのスーパーにお弁当や総菜を買いに行く人もいましたが面倒くさそうでしたので食堂利用は正解だったと思います。

同期入校は6名、内予定通り卒業したのは4名。他の2名も恐らく2日後には卒業となると思います。

年齢層僕と同じ位、50才前後が一番多いと思っていましたが、36歳~45歳が一番多く、~35歳、45~55歳、56歳~は同じような割合なのは意外でした。

最終日の卒研に合格し会社に連絡、明日門真の学科試験に行くように指示。

帰って勉強しなければと思いましたが途中で梅田に寄り軽く飲み、自宅に帰りゆっくりとお風呂に入りリラックス、結局勉強はさらっと教本を眺めて終わってしまいました。

転職先決定

3月後半の某日

5社の採用面接を受け内4社から採用の連絡をいただき、その中で最後に面接を受けた地元大手E社に入社することにしました。

電鉄系D社とどちらにしようか悩みました。
隔勤での拘束時間も他社と比べて短く、会社資料の平均給与+αで納得するなら居心地は良さそうでしたが、E社の会社の雰囲気と「稼げる確率」を考え決めました。


未経験の業界なので、お断りした会社には申し訳なかったですが計5社の面接を受けお話を聞いたのは良かったと思います。

まずは「合宿免許」で2種免許をとるのですが、春休み期間中ということもあり、入校が4週間後となったのは予定外でしたが、ここまで来たらじたばたしても始まらないので待つことにします。


引き続き面接へ

中堅C社に決めようと考えていましたたが隔勤の拘束時間が長く厳しく感じたのと、事故の負担が大きいのがやはり気になります。

またもう少し他の会社の話を聞くのも良いかと考えてあらたに2社の面接を受けました。

電鉄系D社
さすが大手の電鉄系のグループ会社だけあり労働条件などの説明にも誇張も無いように感じました。

面接時にタクシー車両を運転があったのは事前に知らなかったので驚きましたがそれなりに運転できたと思います。
隔勤の拘束時間も先に受けた中堅C社よりかなり短く、駅待ちと無線がメインの営業スタイルとのことで負担も少なそうです。
ただし月額30万の希望給与額を満たすのは簡単ではなさそうで、夏冬の一時金も期待でき無さそうです。

地元老舗E社
営業所が3か所あるの大阪では老舗の会社。
これまで面接を受けた中では一番「中小企業」な感じの会社です。

月額給与の歩合は低いものの、プール金を入れるとそれなり、事故の負担や給与からのマイナスの上限も低め。
希望給与を伝えると、夜勤を勧められました。
この会社では隔勤が労働時間に比して給与は少ないとのこと。
担当者の方の雰囲気は悪くなかったです。