FC2ブログ

海外タクシー ペルー編

以前に旅行に行った南米の国でメーター運賃のタクシーに乗ったことがありません。

あるとしたらブラジルくらいかな? ブラジルでは乗る機会が無かったので何ともいません。


手を水平に前に出しタクシーを止め、行き先を告げ料金交渉をしてから乗り込みます。

事前に同宿の人やネットで相場を調べておくのですがほぼふっかけてきます、といってもめちゃくちゃなものではなく例えば300円のところを400円、といった感じなのですが適正な料金にするべく値切らないといけません。

私 : ア テルメナール デ バス、 クアント クエスタ?(バスターミナルまでいくら?)
運 : キンセ ソレス (15ソレス、約500円)
私 : ノ、ドセ ソレス(12ソレス)

と言うと結構素直に、 シ-、と言って交渉成立します。

で安心かというとそうではなく小銭の手持ちが無く20ソレスを渡すと、釣銭が無い、細かいのが5ソレスしか無いなど言ってきたりしますので安心できません。

ペルーで5ソレスあれば市場に行けばそれなりのランチが食べれたりするので貧乏旅行者には無駄にできない金額です。

そういう場合は運転手を待たしてその辺の店で水なんかを買いお金をくずして払うかします。日本みたいに運転手の責任でなんてことはありません。

ペルーのタクシーで大きな被害にあったという話は私は聞きませんでしたが、出来れば宿の人に頼んでタクシーを呼ぶ、ポリスの近くでタクシーに乗るなど最低限のリスク管理はやはり必要です。

下の写真は5年ほど前のものですが当時はスズキのアルトが多かったですが去年行った時はヴィッツのセダンバージョンの車が多かったです。


11

この車には意味不明な漢字のステッカーが貼ってあるので日本の後中国系の国へ輸出された後ペルーに来たのかもしれません。

左ハンドルに改造してあります。
下の写真の車のようにリアに役に立たないウィングがついていたりします。

22

あー、次に行けるのはいつになるのやら。


ドライバーランキング